初めて買うウクレレは絶対にこれ

ウクレレを初めて買う。
そんな初心者におすすめのウクレレについてわかりやすく解説しています。

初めてウクレレを買う人におすすめのウクレレは?

ウクレレを初めて買おうと思う。
けれど種類がたくさんありすぎて、どんなウクレレを買えばよいのかがわからない。

そんな初心者の方、少なくないと思います。



私自身も、初めてウクレレを買うときはとても迷いました。

できるだけ費用はかけたくなかったので安いものが良かったのですが、 「安いウクレレはダメ」なんていう人もおり、どんなウクレレを買えばよいのかがわかりませんでした。

ウクレレに詳しくなった今なら、おすすめは○○だよ、と自信をもって人におすすめできますが、 当時はショップの定員に聞いても、ちょっと高めのをお勧めされたりして、なんとなく信用できず…。(定員さんすいません)

なのでウクレレをやっている知り合いなどに聞いたり、調べまくって買った思い出があります。



ここでは、

初めてウクレレを買う。

そんな人におすすめできる、
コスパに優れたウクレレを簡単にご紹介したいと思います。

参考にしていただけると嬉しいです。

初心者が初めて買うウクレレのおすすめは?

ウクレレ初心者が、初めて買うウクレレとしておすすめの製品をご紹介します。

ウクレレが初めての場合、ウクレレのメンテナンスに必要な道具などもお持ちではないでしょうから、 必要なものがセットになった製品がおすすめです。

とりあえず、以下のウクレレを選んでおけば間違いありません。

Famous FS-5G

国産ウクレレでは定番ともされる、Famousのウクレレ。

さまざまなタイプのウクレレをラインアップしていますが、 その中でも初めてのウクレレとして一番おすすめなのは、「FS-5G」というソプラノサイズのウクレレです。

・ソプラノサイズ
・ハワイアンコア(合板)
・15フレット

合板ではあるもののボディにはハワイアンコアが使われており、 ウクレレらしい明るくくっきりとしたサウンドが楽しめます。

またフレットの数も15と多くさまざまな演奏に便利であるため、初心者だけではなく中・上級者にも人気があります。

価格が安価というほど安くはないため、 安さを重視している人には次でご紹介している「FS-1G」というモデルがおすすめなのですが、 長く使い続けるつもりでウクレレを買うのなら「FS-5G」を選んだほうがあとあと後悔しないでしょう。



補足として、合板…に良いイメージがない人は少なくないと思います。

理由は、複数枚の板を貼り合わせることで
弦の音の振動が伝わりにくくなり、音質が悪くなってしまう場合があるからです。

ただ、記憶に違いがなければFamousの製品は一部を除いてほとんどが合板なのですよね。

合板ですが、強度や薄さにこだわったトリプルレイヤードと呼ばれる構造を採用していること、 また接着に「にかわ」を利用しているため、耐久性も鳴りも単板とほぼ変わりません。

さすが国産メーカーの製品、という感じです。



いろいろ書きましたがとにかくこの「FS-5G」、初めてのウクレレにはおすすめです。

最初はやや安めのウクレレを…
なんて方は、次で紹介している「FS-1G」をチェックしてみてください。

Famous FS-1G

Famousでは最安となるエントリーモデル、
「FS-1G」も初めてのウクレレには人気が高いモデルです。

先ほどご紹介した「FS-5G」よりもかなり価格が安いため、予算に余裕がない人には選びやすいと思います。

・ソプラノサイズ
・マホガニー(合板)
・15フレット

ボディにはマホガニーの合板を使用。
安いとは言ってもさすがFamousだけあって、音の鳴りは良いです。

合板を使用していますが、「FS-5G」のところでもご説明した通り構造と素材にこだわっているため、単板を使ったウクレレに負けていません。

「FS-5G」と比較するともう少し柔らかい感じの音色で、同じくウクレレらしいサウンドが楽しめるはずです。

とりあえず最初はこのウクレレではじめてみて、ある程度ウクレレに詳しくなったり音の好みが出てきたところで、 もう少し良いモデルと買い求めるのがおすすめです。

KALA KA-S

全米販売シェア№1とされる「KALA」もウクレレメーカーとしては定番であり、初心者から上級者まで幅広いユーザーに人気があります。

非常に数多くの製品をラインアップしていますが、 その中でも初めてウクレレを買うという方におすすめなのが「KA-S」というモデル。

・ソプラノサイズ
・マホガニー(合板)
・12フレット

サイズの割に豊かな音量と、
クセのない甘いサウンドが特徴のウクレレです。

安価なのに音の響きが良くコスパに優れるため、入門モデルとしてもよく用いられています。

またボディのバインディングなど、
細かい配慮がなされているところも低価格帯のウクレレにしては良いと思います。

Famous FS-1Gと同じく、費用は抑えたいけれどある程度のクオリティは欲しい。 そんな方におすすめのウクレレです。

なぜ安いウクレレはダメだといわれるのか

初めてウクレレを買われる方に対して、
安いウクレレはNGなんていわれることが多いですが、なぜなのでしょうか?



一番の理由は品質が価格なりである、もしくは価格以下の品質だという点があげられます。

当然ですが、安いウクレレはボディに使われている木材の質が良くありませんし、 構造も高いウクレレに比べると単純であり、全体的に作りが甘いです。

フレットをはじめとする部品がゆがんで取り付けられていたり、 使っているうちに部品が取れてしまうようなものもあります。(経験あり)



また致命的なのが、音質の悪さ。

音が良くないだけならまだ我慢できるかもしれませんが、
音がすぐにずれてしまったり、ひどいものだと音自体があわないものもあります。

これ、ウクレレを弾いているユーザーにとっては大きなストレスです。

音があわないのは問題外として、
すぐに音がずれてしまう場合、そのたびにチューニングしなおさなくてはならなくて結構大変です。



また使いづらいだけでなく、
運が悪いとすぐに壊れてしまうため、結果的には安くてもコスパは悪いといえます。

すぐに買いなおさなくてはならないのなら、
最初からある程度の価格のウクレレを買っていたほうが無駄がありませんよね。

なので、最初に安物を買うのはダメだといわれるのです。



もちろん、上記のような品質でも気にならないという方には、激安のウクレレでも悪くないと思います。

ですが最初に買ったウクレレをある程度長く使い続けたい場合や、 ウクレレのトラブルに悩まされたくない人には、数千円という激安ウクレレはお勧めしません。



ちなみに私も、5千円くらいのウクレレを購入したことがあります。

もちろん初めてのウクレレではありません。
3本目だったと思います。

色んなウクレレを触ってみたいと思い、冗談のノリで購入したものですが、 使ってしばらくするうちにネック(細長い部分)が微妙に沿ってきてしまい、 弦を固定しているサドルが外れてしまいました。

それでも結構楽しめたので、玩具として使うのなら悪くないかなという感じでしょうか。



まあでも、初めての方にはおすすめできません。
とりあえず最初はきちんとしたモデルを買うようにしましょう。

激安が気になる方は、ウクレレに慣れたころに「余興」として買われてみてはいかがでしょうか?

ウクレレは「生産地」はあまり気にしなくてもよい

日本では一般的に、「中国産の製品」などと聞くとクオリティ面であまりよくないように感じてしまう方が少なくないと思います。

確かにそういう製品もあるかもしれません。

ですがウクレレをはじめとする楽器に関しては、
生産地と製品のクオリティはあまり関係ないと考えてよいでしょう。



例えば、当サイトでもご紹介している世界的に有名なメーカー「KALA」の製品の多くは中国で製造されています。

また他の有名ウクレレメーカーでも、
中国や台湾産というところはかなりあります。

中国製というと「作りが雑」というイメージをお持ちの方も少なくないかもしれませんが、 実は楽器の製造に関しては中国や台湾は非常に優れてるのですよね。



ウクレレの生産地に「中国製」とあるのを見て、
大丈夫なのかな?と思われた方、全然大丈夫なので安心して購入しましょう。

もちろん、ウクレレの品質は価格に比例します。

生産地がどこであるのかにかかわらず、初めてウクレレを買われる方は、あまりに安すすぎる製品は買わないようにしましょう。




初心者におすすめのウクレレ


Copyright (C) 2020 初めて買うウクレレは絶対にこれ All Rights Reserved.
TOP